読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

電子書籍

早川書房電子書籍、主な取扱いストアにiBooksが無いのが個人的にツラい。他のストアやkindleで代用はできる。

けれど、同じ作家、同じ出版社、同じアプリで作品を揃えられないのは電子書籍の害であり罪だと思う。

作品ごとに、このタイトルはkindle、これはiBooksみたいにユーザー側で覚えなければいけないのはちょっと不便ではある。いちいちタイトル入力して検索するのもちと面倒だ。となると音声で検索するしかないのか…?