Morning, Noon & Night

随筆みたいなもの。言えない事もあるけれど、出来うる限り人生オープンで生きていたい。2016年7月下旬からホームオーディオ始めました。

製品をクラス分けして販売する事の難しさ

 総じて、高価な製品は質の高い傾向にあり、一部の例外を除けば好みの問題でしかない。製品の質に加えてブランド価格も上乗せされる。

 安い製品は概ね安かろう悪かろうの傾向だ。

 そして中堅どころはマジックワード「コストパフォーマンス」が跋扈する世界でもある。「この価格で上位製品に匹敵」みたいな事を書いておけば、とりあえずOKの世界。真偽の程は自分で確かめるしか無い。

 高価な製品は何もしなくても買う人は買うし、安価な製品も買う人は買うが、何もしないとあまり動かないのが真ん中の製品であり、お買い得感を演出できれば売れるのも真ん中の製品であろう。

 「よく分かんないけれど、とりあえずちょっとこだわりたい」という層。買ったは良いけれどその後も特に変化や反応が無いのもこの層でもある。