読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

映画「おかえり、はやぶさ」観てきた

 はやぶさ映画三本目の登場。
 内容自体はこれまでと基本的に変わらないので、さすがに食傷気味。でもまぁ、三本もほぼ同一内容の映画を見れば、いかにはやぶさが偉業を達成したのか普通よりは理解できるんじゃないの。
 もちろん今作がつまらないというわけではないので念のため。ほかのはやぶさ映画を見られなかったのならば、見てもいいだろう。他のはやぶさ映画を既に見ていたのであれば、無理して見るほどでもないけれど。