読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

「フィフス・エレメント」

 1997年の作品か…。
 この頃のCG映画はまだCGだと判別しやすかったね。映画用にきちんと作り込まれているとはいえ、やっぱりまだパッと見て分かるレベルだ。
 内容的には、SFアクションコメディ?なのだろうか。
 ミラ・ジョヴォヴィッチ出世作だが、これもまた見るのは初めて。
 ブルース・ウィリスがなかなか活躍しねーなぁと思って見てたけれど、後半になってようやく激しいアクションが。
 むしろ脇役のクリス・タッカーが面白かった印象が強い(笑)。
 未来が舞台だけあって、衣装の独特さは凄い。
 あまりリュック・ベッソンとSFって繋がりがないような気もしていたが、長年かけて作りたい物を作ったってところなのかな。