読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

VoCore2 Ultimate

コインサイズのLinux ComputerであるVoCore2 Ultimateが先月下旬に到着していたのだった。

VoCore2 | Coin-sized Linux Computer

f:id:MasaruUruwashi:20170126211853j:image

f:id:MasaruUruwashi:20170126211859j:image

これでハード設計もオープンなんだから凄い時代だなぁ…。

本日確保したCD

 f:id:MasaruUruwashi:20170121233421j:image

セリーヌ・ディオン

「ラヴ・ストーリーズ・スペシャル・エディション」

「ア・ニュー・デイ・ハズ・カム」

90年代半ばと、2000年代初頭のアルバム。

なんか

基本的にyoutuberのチャンネルはあまり見ないのだけれど、稀に興味出た人のチャンネルは見たりする。

のだけれど、最近は長時間の動画が多くて短く簡潔に終わる内容で無くなってるのがなぁ…。

個人の好き嫌いで語れば充分なところを、最新ニュースに対して業界全体を見渡した批評的な話をし始まってしまうとなんかなぁと。

言ってる内容はごもっともで否定はしないけど、そういうありきたりな動画が見たいわけではないのだが、再生数はそれなりに多いからみんな望んでいるのかな…。

ISOTEK TITAN

行きつけのオーディオ屋に寄ったら、ISOTEK製品があった。

f:id:MasaruUruwashi:20170118183529j:image

写真のはISOTEK EVO3 TITAN

来週あたりに納品とか。

他の客向けにAQUARIUSも入荷したそうだが、週末納品に持って行こうと思ったら自分から取りに来たのだとか。個人的にはまずAQUARIUSを買うつもりで、上記の話も聞いていたからあわよくば実物が見られるのではと思っていたのだけれど、オーディオマニアは行動が早い。お金もあるから恐ろしい。数十万円程度なら平気で買うからな…。

物の価値

中古CDにしろ、中古ゲームソフトにしろ、古い作品の金銭的価値が下がって手に入りやすくなるのは個人的にとてもありがたい。

金額は下がっても、音楽そのものの価値や、ゲームそのものの価値が下がったわけではないからだ。

新作は常に出ているので、新旧問わず作品を買う人にとって、可能な限り網羅するためには少しでも入手金額は安い方がいい。全てを新品で買うのは当然無理だしね。新作は新品で買うのは当たり前としても、旧作は値段を下げてくれるか、中古で買うしかない。

ダウンロードはパッケージが無いぶん、物理スペースを食わないけれど貸し借りも出来ないし、配信停止した場合に再ダウンロードできるかも不明なので、遊び終わったら終わりという認識でないとちょっとリスクなんだよな。物理的なものでも、再生機器が壊れたら遊べないけどさ。

ハイレゾオーディオに思う事

データとしてのハイレゾオーディオが少しずつ広がっているんだから、CDもSACDとハイブリッドで出せば少しでも盛り返せるんじゃないかと思うんだけれど、大半の消費者はそうでも無いのかね。

個人的には、ポータブルなハイレゾオーディオよりも、まともな再生環境でCD再生した方が感動するケースもあるので、SACDはもっと増えて欲しいんだけど。

Chromecastが欲しい今日この頃

第3世代のApple TVがもう手に入りづらくなっているので、新しいChromecastが欲しい今日この頃。

歴史もエンタメになる時代

‪歴史物作品は、いつ、誰が、なにを元に判断して行動に至ったか、が描かれていれば個人的に満足なのだけれど、そこに今の価値基準の解釈で必要以上に英雄視したり、お涙頂戴の感動モノに解釈したりすると途端に胡散臭く見える。‬

本日届いていたCD

栃木県から帰ってきたら昨晩注文したものが届いていた。

f:id:MasaruUruwashi:20170116201726j:image

中世・ルネサンス音楽への招待状

涙のパヴァーヌ ルネサンスリュート名曲集

グレゴリオ聖歌

 

 

ほんと、古い曲はCDが安くてとても買いやすい。ホントにありがたい。

個人的に日本の音楽業界はアルバム1枚3000円固定の商売を再検討して欲しい(安くなるならありがたいが、必ずしも安くして欲しいわけではない。業界が生き残るために必要なら値上げもやむなしだろう。買うかどうかはまた別だしな)

こだわりと意地は、やっぱり違うと思う

元号廃止論が少なからずあるのかな。

個人的には期限のない皇紀があれば、短期的な元号は要らないと思っている。俺が国内の歴史を覚えるのに抵抗がある理由の一つでもある。ハッキリ言って覚えるのが面倒だし、名称だけでは時系列がサッパリわからんわけで。西暦のように開始があって、現在まで1本の線を描いて順番に説明できている方が理解という意味ではシンプル且つ合理的だ。直感的に分かりやすい。

‪考えてみれば、今の日本は服装も洋装だし、結婚式も洋式で、トイレも洋式じゃね。食べ物も洋食が多い。‬
‪気持ちは分からなくも無いけれど、今さら「時間」に対して有限の元号を捨てて西暦のような洋式を頑なに拒否して何が得られるのか、というのも…。‬

つまんない意地で全員が不便さを被っても構わないのならそれはそれで有りだろうけども、それでいったい誰が得するのよ。