Morning, Noon & Night

随筆みたいなもの。言えない事もあるけれど、出来うる限り人生オープンで生きていたい。2016年7月下旬からホームオーディオ始めました。

3万km

f:id:MasaruUruwashi:20171120220423j:plain

3年と3ヶ月。遠出していないし、まぁそんなもんですかね。

俺の最近の「ゴ魔乙」やスマホゲームプレイ事情

 最近は遊んだり遊ばなかったり。全く遊ばないわけでもない。

 これまでのiPhone 6s PlusからiPhone Xになったので動作は快適で素晴らしい。iPhone 6s Plusは通常プレイするには全く問題ないし、録画モードにすればフレームレートは若干落ちて弾幕時にプレイしやすい利点はあった。iPhone Xだと録画モードにしても俺には差がほぼ分からん。

 特に好きなキャラはというと、カトレアとダチュラがツートップになるあたり、我ながらなかなかめんどくさい好みだなと思う。かたや大人しくて真面目で清楚系、かたや妖しく妖艶な魅力を感じさせる系。一見、方向性が真逆だけれど俺の中ではどちらも魅力的。むしろ1キャラで二面性有る方が良いんじゃないかとすら思える。

 基本はこの2キャラのバリエーションをひたすら強化して、手持ち分が強化を終えたらガチャを引いたり余ったアイテムで他のキャラを強化したり。

 他のゲームでもそうだけれど、必死にガチャを回さなくなっている。所有している手持ちキャラの中からお気に入りだけを強化して、行き詰まったらガチャを回す。そして手に入れたキャラの中からまたお気に入りをピックアップして強化。その繰り返し。スマホゲームを必死に遊ばずマイペースで遊ぶようになっている。強キャラ探したり、効率プレイを優先すると作業と化してしまい、楽しくなくなる。ストーリーもきちんと練られているものはともかく、行き当たりばったり感のあるものも少なからずあるので、ストーリーを楽しみたければ据え置きゲーム機で遊べばいい。

f:id:MasaruUruwashi:20171119224025p:image

f:id:MasaruUruwashi:20171119224029p:image

iPhone X使って思う事(現時点)

基本的には悪くない。最新機種だけあって処理も早い。

Face ID自体も個人的には良い。ただ、ロック解除は以前ならTouch IDセンサーに指を乗せるだけだったけれど、Face IDでは顔認証をしてからスワイプなので、ロック解除に関しては少し面倒かも。確実なやり方ではあるけれど。

逆に、単なる認証の場合はセンサーに指を乗せる必要も無いので使用中の認証に関してはむしろ楽になった。

熱は可もなく不可もなく。高負荷が長時間続けば他メーカーの端末だって熱くなる。

カメラの出っ張りは平らな所に置いた時に気になる。カバー付ければいいんだろうが…。

操作は結局のところ慣れの問題。触っていれば最低限は嫌でも覚える。

ボディはつるつるしているから滑りやすい。

iPhone X来た。

f:id:MasaruUruwashi:20171115235349j:image

左は今まで使用したiPhone 6s Plus、右は今夜からのiPhone X

iOS 11になってデータの移行が以前より簡単になったようで非常にありがたい。基本的なデータ移行はあっという間に終わる。アプリ自身がダウンロードするデータ以外はほぼスムーズ。素晴らしい。

先月、雨の中を受験しに行って、帰ってきてから悪態ついていた国家試験の結果

 「情報セキュリティマネジメント」…合格してました。

 成績照会したところ合格ラインギリギリ。でも合格には違いない。

 当日受験した人全員での合格率が50.4%だったので、ギリギリだろうがなんだろうが受かって良かったとは言える。

 過去問題やらなくても、趣味でそこそこやっていれば割となんとかなるという事を自分で自分に証明してしまったので、まぁうん。その点は素晴らしい。

 でも勉強できるならしておいたほうがいい。合格ラインギリギリの状況だと結果が出るまで気持ち悪いから。

色々あるにしても、人間社会にはスジというものがある

「商品を買ってやる」という意識だったり、注文したにも関わらず入金や決済をしない上に連絡もしない客は、俺の感情論的に言うと「だったらお前は買わなくていい。つまりお前は客では無い。」となる。
商売に限らず、取引と言うのは互いの信用あってこそであり、相手を騙したり欺いたりするのは取引相手としては成立しない。お互いにフェアであってこそ交渉事は進む。

今日買ったCD

「一応の水準で鳴っているなら、装置に金をかけるよりレコード(曲)を1枚でも多く買いたまえ、名曲を聴きたまえ。さんざん装置に金をかけた私が自分の愚かさを痛感して、これを言う。」
「どんなレコード(曲)を所持しているかは、どんな装置を持っているかより、はるかに恐ろしいことを銘記してほしい。君の部屋で鳴っているのは装置の音ではなく、きみの全人生、音楽的教養そのものの音だ」
「若いうちにこそ、できるかぎりいい音楽を聴きこんでほしい。俗曲なぞ年をとればいくらだって聴けるのだから」五味康祐

f:id:MasaruUruwashi:20171113235259j:image

BOB JAMES & EARL KLUGH「ONE ON ONE」

1981年のグラミー賞受賞作品。時代を感じる気もすれば、それほど古臭くも感じないような気もする。

今日買ったCD

「一応の水準で鳴っているなら、装置に金をかけるよりレコード(曲)を1枚でも多く買いたまえ、名曲を聴きたまえ。さんざん装置に金をかけた私が自分の愚かさを痛感して、これを言う。」
「どんなレコード(曲)を所持しているかは、どんな装置を持っているかより、はるかに恐ろしいことを銘記してほしい。君の部屋で鳴っているのは装置の音ではなく、きみの全人生、音楽的教養そのものの音だ」
「若いうちにこそ、できるかぎりいい音楽を聴きこんでほしい。俗曲なぞ年をとればいくらだって聴けるのだから」五味康祐

 聴きたい曲は増えていくが、聴ける曲には限度がある。それだけ世の中は音楽で溢れている。

f:id:MasaruUruwashi:20171112212113j:image

上原れな「 Emergence」

 メモ: CD/SACD Hybrid

f:id:MasaruUruwashi:20171112212120j:image

 enya「water mark」

f:id:MasaruUruwashi:20171112212127j:image

 enya「The Memory Of Trees」

感覚が狂ってくる話

 JBLやマークレビンソンとかのハーマングループを、「最近ずっとパッとしてないからもういいよあそこ。新製品発表会呼ばれてないし、呼んでもケチョンケチョンに言われるから嫌なんだろ。ゲラゲラゲラ(笑)。(注: 意訳です)」みたいなのをいきつけにしてしまうと、基準がおかしくなってくる。

 そりゃまあハーマンの特別試聴室は立派だったが、あの音で1500〜2000万円なら他社製も一緒に検討すべきだと思ったりしたものな。カーオーディオは670GTiが660GTiと比較したら作りが酷くて音を鳴らすまでも無い品質だとか(そもそも価格が1/3になっている時点でたかが知れている)、ホームオーディオは過去作のマイナーチェンジという焼き直しばかりで目新しさは無く、一時代を築いた個性的な時代と違って今は牙を抜かれて大人しい音になっちまってるのは俺もわざわざ上京して特別視聴室まで聴きに行った実感として分かる。なにせ軽く1500万円超はするオーディオシステムの試聴室がある10数m先で4,000円程度のスピーカーを売ってるんだぜ。それが真実でしょ。ホームオーディオ2年目の俺ですら「バカじゃないの?」と思ったくらい。それが売れ線なのだろうから店先に置いておくのは理解できるが、「いつかは高級品を…」という人のために高級スピーカーの展示もしていない。そういうやる気がない。安物と、安物に毛が生えたくらいの金額の商品ばかり。

 (余談: 最終的にアナログで入出力されるものは部品の製造や組み立てを含めて品質が命なわけで、いきつくところの分かりやすい目安は「品質=お金」。スピーカーもマイクも基本は同じ。だいたい比例する。メジャーなメーカーはブランド価格も上乗せされる。マイナーなメーカーは有名ブランドと同等のをより安く提供してくる可能性はあるけれど、歴史が浅い分だけいつまで続くかは不明。マイナーチェンジでカタログスペック上で変化はなくともこっそりコストダウンして実際のところ質が落ちている事もある。)

 企業だから一枚岩というわけでもないという話とか、名スピーカーの設計者達や、製造の熟練工も大部分が去っていったとか、真偽は不明ながらヤバゲな話も聞いたり聞かなかったり。まぁ最近のハーマングループはオーディオよりも他の事業で収益を上げているから、ほんとオーディオは手抜きになってるんだろうなと。割に合わないというのもあるだろう。まぁ、話を聞いていて思うのは、昔からJBLやマークレビンソンと懇意にしていただけあって、昨今のコストダウンによる品質手抜きしてそろばん勘定をするという、経営路線を品質から商売メインに鞍替えしたのが気に入らんようで。

 オーディオという、馬鹿野郎が製品を作って売って、馬鹿野郎がそれを買うというサイクルから外れたものは「もういい」という事なんだろうなと。終わりのない道を、飽くなき探究を辞めたものには用が無い。そういうストイックさを無くしたら事実上の終わりなのだろう。趣味ってそういう面もあるからね。個人的にも、コストパフォーマンス重視でなんらかの趣味をやってる人がいたら「ふーん」しか思わないし。

 趣味・仕事に限らず、どんな分野、どの業界でもそう。ある程度以上の本気で取り組んでいる人と、片手間でやってる人とではやっぱり違う。態度、口調、行動、優先度の付け方、みんな違う。

備忘録 - 現在のオーディオ環境(2017年11月9日)

 機材とケーブル中心に列挙。音は実際に聴いてみなければわからないし、どれほど細かく書いたところで文章としてはそれほど大きな意味は無いと思ってる。個人の好みもあるし。

 同様にケーブルの長さはあまり書かない。機材そのものやケーブルによる音の違いはまだしも、例えば同じ種類のケーブルで3mと5mで音の違いが分かる世界に俺は住んでいない。

 特に記載していないケーブルは量販店で手に入るレベルのものを使用。

 

ピュアオーディオシステム

f:id:MasaruUruwashi:20171110005815j:image

スピーカー: JBL S101 (レストア&カスタマイズ品)

f:id:MasaruUruwashi:20171110005825j:image

トゥイーター: JBL 075

スピーカーケーブル: ONKYO MONSTER CABLE NMC

f:id:MasaruUruwashi:20171110010132j:image

CD/SACDプレーヤー: Pioneer PD-70

CD/SACDプレーヤー to インテグレーテッドアンプ RCAケーブル: Zonotone AC-1001α

CD/SACDプレーヤー電源ケーブル: FURUTECH G-312Ag-15 Plus

インテグレーテッドアンプ: mcIntosh MA5200

インテグレーテッドアンプ電源ケーブル: CSE AC350SXA

f:id:MasaruUruwashi:20171110010147j:image

電源フィルター: ISOTEK EVO3 AQUARIUS

*メモ: FURUTECHの電源ケーブルを依頼していたのだが、ひょんなところからCSEの物が入手できたのでそっちを使うことに。

*今後の計画: JBLウッドホーンがそのうち来るかもしれない(未確定)。

 

サラウンドオーディオシステム

f:id:MasaruUruwashi:20171110005847j:image

フロントスピーカー: JBL 4312 MII BK

f:id:MasaruUruwashi:20171110005957j:image

サラウンドスピーカー: MAGNAT Vintage 120

上記スピーカーケーブル: ONKYO MONSTER CABLE NMC

センタースピーカー: YAMAHA NS-C210

センタースピーカーケーブル: ONKYO MONSTER CABLE S16

サブウーファー: DENON DSW-37

f:id:MasaruUruwashi:20171110010309j:image

AVアンプ: DENON AVR-X2300W

主なプレーヤー: PlayStation 4, PlayStation 3

電源フィルター: ISOTEK EVO3 AQUARIUS (ピュアと共通)

*今後の計画: ピュアオーディオ用とAV用を兼用できる光学プレーヤーとしてOPPO UDP-205を購入予定(時期未定。来年中)。HDMIは映像と音声別途同時出力可能であり、ピュアオーディオ向けにアンバランスはもちろんバランス出力も持っているため。それら機能・性能の割に超高級品よりも価格が安いため。AVアンプ自体の買い替えも予定しているが、基本機能は押さえているし、音質面ではピュアオーディオシステムがあるので急いで絶対性能を追求する必要も無く、AVアンプはそのうち。考えてみればまだ購入して約1年だし。

 

PCオーディオシステム

コンピューター: iMac 5k (Late 2015)

USBオーディオインターフェイス: TASCAM US-1x2

スピーカー: TASCAM VL-S3

スピーカーケーブル: ONKYO MONSTER CABLE XP

電源フィルター: ISOTEK EVO3 AQUARIUS (ピュア、サラウンドと共通)

他: 適当なUSBケーブルを用意しインテグレーテッドアンプに接続して、気が向いた時にピュアオーディオシステムで鳴らせる状態にしている。

 *今後の計画: UDP-205を購入した場合は、DACの性能面からUDP-205を経由してピュアオーディオシステムで鳴らせる状態に持っていくと思う。

 

カーオーディオシステム

スピーカー: JBL 660GTi

スピーカーケーブル: SAEC SPC-650

サブウーファー: TS-WX120A

アンプ: JBL PX300.4

デッキ: carrozeria DEH-970

*今後の計画: 暫定で引いてる配線をやり直したり、高品質バッテリーへの交換、ケーブル変更等の課題は多いものの、予算の都合上カーオーディオよりも幅の広いホームオーディオを優先したいので残念ながら現状の優先度は低い。

 

*MONSTERケーブルが多いのは、良し悪しや好き嫌いではなく、単に近所の量販店で手に入りやすいというのが理由。NMCなら定価1m/¥1,000という分かりやすい価格も理由の一つ。

今日届いたCDと入手した物

 「一応の水準で鳴っているなら、装置に金をかけるよりレコード(曲)を1枚でも多く買いたまえ、名曲を聴きたまえ。さんざん装置に金をかけた私が自分の愚かさを痛感して、これを言う。」
「どんなレコード(曲)を所持しているかは、どんな装置を持っているかより、はるかに恐ろしいことを銘記してほしい。君の部屋で鳴っているのは装置の音ではなく、きみの全人生、音楽的教養そのものの音だ」
「若いうちにこそ、できるかぎりいい音楽を聴きこんでほしい。俗曲なぞ年をとればいくらだって聴けるのだから」五味康祐

 予想していなかった物を入手。

f:id:MasaruUruwashi:20171108233856j:image

 fourplay「JOURNEY」

いずれ通常盤買うつもりだったのだが価格が安くなるという事で予約して待っていた。これは普通のCD盤。通常価格版はSHM-CDか? 曲は同じ。CDの材質が違うだけ。SHM-CDとCDの差は、小さいといえば小さいし、その僅かな差こそが絶対的に違うとも言えるのだが普通に聴く分には問題ない。

これで一応、全アルバムコンプリートできたかな。

f:id:MasaruUruwashi:20171108233858j:image

 電源ケーブルCSEのAC350SXA

 仕事上がって自社に戻ろうと運転中に行きつけのオーディオ屋から電話が来て、なんじゃろなと思いハンズフリーで電話に出たところ「某メースの営業からごにょごにょして面白そうな電源ケーブルせしめたから、使ってみる?」と余りおおっぴらにするのも可哀想な内容の話が来たので、「これから自社に戻ってミーティングなので今日ちょっと無理っぽいです。終わるの21時過ぎなのでー」と言ったものの、気になるのも確かなので会社のミーティングは直前までに間に合えばいいやと急遽店に向かい、軽く構造説明を受けた上で即決して滞在時間20分で退散。別途FURUTECHのケーブルを注文していた気もするが、店主がこっちはどうと言うのでまぁいいかなと。

 基本的に自分がピンと来たのを買っておけば大きな間違いは無い。間違っていてもそれで他人に怒られる事はないし、自分が反省すればいいだけだ。悩んだところで買う事実そのものが変わらないのであれば即断したほうが時間を無駄にしなくて済むし、買い直す時もその分だけ早く動ける。

今日買ったCD

「一応の水準で鳴っているなら、装置に金をかけるよりレコード(曲)を1枚でも多く買いたまえ、名曲を聴きたまえ。さんざん装置に金をかけた私が自分の愚かさを痛感して、これを言う。」

「どんなレコード(曲)を所持しているかは、どんな装置を持っているかより、はるかに恐ろしいことを銘記してほしい。君の部屋で鳴っているのは装置の音ではなく、きみの全人生、音楽的教養そのものの音だ」

「若いうちにこそ、できるかぎりいい音楽を聴きこんでほしい。俗曲なぞ年をとればいくらだって聴けるのだから」五味康祐

 職場で話をしていたら時間が無くなり、慌てて仕事を上がってクルマを走らせ、本日の営業終了5分前に駆け込み入店。もともと寄るつもりで時間調整していたので、間に合わなかったらショックだったろう。

f:id:MasaruUruwashi:20171106213257j:image

機動戦艦ナデシコ CD-001」 

 予定しなかったものの、目に止まったので確保。音楽は服部隆之じゃ。

 「Go! エステバリス」もあるし、「ゲキ・ガンガー3」BGMも収録してる!! テンション上がる。

f:id:MasaruUruwashi:20171106213311j:image

小澤征爾&ウィーン・フィル「ニューイヤー・コンサート 2002」

 小澤征爾さんが2代目館長を努めている水戸芸術館は自宅から比較的近い(水戸自体が隣市)ので時折通っているのだが、館長の携わった音楽はほぼ聴いていないので、この機会に聴こうかなと。

思わずため息が出る話

最近、竹達彩奈が3万円の服を着ていただけで騒がれる、この日本という国は実に平和だなと改めて感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

当人の収入、立場に思想や信条を考慮せずに価格だけ抜き出して騒ぐのは自分の頭の悪さを自覚できずに自ら喧伝しているようなものではなかろうか。

そもそも誰が何にお金を使おうが、当人自身が稼いだお金であるかぎり使途も自由だろう。どう思うかも自由だが騒ぐ理由にはならない。国税の使途がというのであればまた話は違うが。

俺だって現状年収200万円台前半だが、クルマのローンはまだあるし、今のところ年収の1/4以上はオーディオとCDに注ぎ込んでいる。

ある程度は稼いでいると思われる人に対して負の感情を抱くのは普通の人間として当然だが、だからといって他人の足を引っ張って良い理由にもならないし、憂さ晴らしして自分自身が何もしなくても良い理由にもならんだろう。

日本国内にいるのならば一度でいいから東京タワーなりスカイツリーなりへ行って街を一望したらいい。見渡す限りの建物一つ一つに所有者がいる事を少しは実感できるだろう。

声優なんて人気があっても基本的に薄給であり、昨今は実力と人気以外に容姿も求められ、人前に露出する機会も増えてるわけで、余りに安すぎる服を着て出るのもみすぼらしかろう。俳優やテレビタレントでもないのだからスタイリストもまず付かないし。

ちぃとばかし考えればわかる事も、何も考えずに反応するから発言者自身も叩かれる。

 

結局のところ、貧乏人もいるが、金持ちもいるのだ。そして中流は消えつつある。そう思えば他人の足を引っ張っている場合じゃない。

今日購入したCD

「一応の水準で鳴っているなら、装置に金をかけるよりレコードを1枚でも多く買いたまえ、名曲を聴きたまえ。さんざん装置に金をかけた私が自分の愚かさを痛感して、これを言う。」五味康祐

 目的は無く、フラッと店に入って、ざっと眺めて 、ピンと来た物を手に取ってレジへ。今日は迷ったり悩んだりしないルールにしたので、時間的には5分もかからなかった。

 迷ったり悩んだり、躊躇するという事は何かしら引っかかる物があるわけで、それらを「しない」と決めて行動すれば短時間で済む。

 手に取ったからには買うと決めてレジへ向かう。もし向かえないのならそれは今回買わない。それだけ。

f:id:MasaruUruwashi:20171105202812j:image

key Sounds LabelTomoyo After Original Soundtrack」

智代アフターのサントラ

ユーザーコミュニティの良い面

 Facebookでmcintoshユーザのコミュニティに入会させてもらって(許可制)、これまで世界中のmcintosh大好きユーザーの投稿を眺めていたわけで、今回の初mcintosh MA5200購入にあたってコミュニティへ購入報告をしたのだが、みんな暖かく迎え入れてくれてとても嬉しい。単なる報告書き込みなのに「いいね」が100件以上つけられたの初めてだ。外国人はその辺がとても良いよね。ジョークめかして「ようこそカルトへ」という書き込みもあったりして面白い。

 英語ですら理解は怪しいし、英語以外はさらにわからない(軽く見た限りイタリア・スペイン・フランス語らしいのが見受けられた)のがちょっと悲しいが、それは翻訳サイト通せばまだなんとかなる。

 とにかくみんなmcintoshが大好きであり、新規ユーザーにも門戸を開いているのは反応から分かった。良い状態のコミュニティだ。集まっているだけで特に何もないコミュニティよりはとても居心地が良い。