Morning, Noon & Night

随筆みたいなもの。言えない事もあるけれど、出来うる限り人生オープンで生きていたい。2016年7月下旬からホームオーディオ始めました。

メジャーを目指すアイドル達

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170524-00000051-sasahi-ent

地下アイドルって言葉はあまり好きじゃないが、言葉の定義はまぁ別にどうしようもない。

結局、地方のアイドルは大変だよねと。それに尽きる。運営に関わった事はないけれど、イベントに足を運んでパフォーマンスを見た事ある身としては本当に苦労が見え隠れして今も「なんとかしてやれないものか」と思い続けている。

最低限、歌も踊りも練習しなきゃならないし、そのためには場所代やレッスン費用にお金がいるわけで。イベントがあれば交通費もいるし、時間次第では食事代もかかる。CD作るのも、グッズ作るのも元手が必要だし、それらを回収できる見込みがどれほどあるかはわからない。

ファンだってお金のある人もいれば、ない人もいる。そこで対応に差をつけてしまうと、ただでさえパイが小さいのにそれ以上は広がりにくくなる。

俺の結論として、ファンは単に応援するだけでは足りない。お金のあるやつはお金を。お金のないやつはそれ以外で行動(イベントの企画・運営や広報活動など)して応援につなげないと活動が続かない。1日でも長く継続を願うならばそこまでする必要があると思う。ファン数が少ないという事は、活動の地盤(土台)が不安定だという事でもある。

ただ応援だけしてお金はさほど落とさず(落とせず)、なにかしら知名度を広める活動もせず、活動が終わっちまったらしばらく傷心。癒えたらまた別の応援対象を見つける。そういうルーチンの繰り返しはただ単にアイドル志望の若い女の子の貴重な若い時間を無駄に浪費してるようにしか思えないんだよね…。見る側の自分もただただ歳を重ねるだけで、終わる。

個人的にはそれらを見続けるのが返って辛い面もあったりして心苦しい。