読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

映画「美女と野獣」(エマ・ワトソン主演、吹替版、2017年)

上映回数が若干減って来たぽいので観て来た。

なんというか、個人的に文句の付け所がほぼ無い映画だったなと。

1991年に公開されたディズニーのアニメ版は今見ても素晴らしい出来なのだけれど、その26年後にディズニー自ら実写化して公開。作品の色が褪せるどころか、新しい魅力が発見できるような素晴らしい作品だと思う。

映像はとても美しいし、アラン・メンケンの音楽も素晴らしい。映画そのものの尺も長くなり、シナリオがより深く骨太になっている。

1991年アニメ版は約90分という尺もあり、テンポよく話が進んで飽きないままラストまで駆け抜けるのだけれど、今作は約130分と40分増えている。そこに追加のシナリオが入り、ストーリーに深みを増しているのだけれど、全体としてのテンポよく話が進む点がスポイルされていない。やはり約130分全編通してスムーズに話が進む。言わば、無駄なシーンが無いんだよね。そういう意味では昨年の「シン・ゴジラ」を思い出した。

今回は吹替版であったけれど、声優陣はとても良い仕事だったと思う。日本語版の歌も充分に素晴らしい。再度字幕版でも観たいし、最低でもblu-ray版の円盤は俺の購入予定にノミネート。UHD版が出るならなお良し。

1991年アニメ版が好きか、ディズニー映画が好きならもう観るしかないと思う。

 

[余談]

2014年公開のフランス・ドイツ合作版「美女と野獣」も思い出したけど、あちらはそもそもの原作をベースとしつつ大人向けと映画して良くできている。ただ、当時は予備知識無く観たので91年アニメ版と比較してコレジャナイ感があった。しかし比較する事自体が間違いなのだと今は思う。映像はフランス映画らしい美しさもある。

また、原作ファンをうならせるような実写化に必要なのは原作リスペクトと、実写化にあたってきちんとしたビジョンを描き、相応のコストを費やす事でもあると再認識。そこが邦画には無い点だ。予算は少ないからそもそも原作再現は無理であり、予算内に収めるため原作の設定を一部だけいじり回して使い、独自設定でツギハギ、映像や演出面は小手先でごまかす。結果として、それっぽい別物ができる。