読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

選択権は無い

いくつかの会社で最悪な印象だったところでの仕事をさせられそうな流れなのでモチベーションとしては最悪に近い…。

ま、複数の会社を回った後で個人的にどの案件を希望するかという相談も来なかった時点で嫌な予感はしてた。

会社という組織に属する以上は選択権は無く、あるのは抵抗の意思表示として退職する事くらいだな。