読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

自宅サーバ

OS 徒然

気づけばUbuntu 16.10が登場しているじゃないですかー。

我が家の自宅サーバは10年ほど前のHP dx5150という懐かしのAthlon64(今じゃ考えられないシングルCPU)にDDRメモリを4GB積ませたもので、故障していないからまだ使用してます。

思い入れはないけれど、当時としては頑張ってメモリ4GB積ませた思い出はある。

OSは今現在CentOS7系を入れてるんだけれど、用途としては今のところバックアップ目的ではないファイルサーバと、プロキシくらいなので別に安定稼働が目的ではなかったりもするので、Ubuntu入れて比較的新しいソフトウェア(特にカーネル)を動かしたい気持ちも多少あったり。しかし以前、16.04のデスクトップ版をインストールしたらGUIが重くて辛かった覚えはあるから、やっぱりCUI運用しか選択肢は無さそうだ。