読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

タバコ吸う人は電子タバコに挑戦して欲しい

健康に良いとか悪いとか、そういう話は割とどうでもいいと思っている。

個人的にはそんな先のことにはさほど強い懸念をしていない。健康だろうが不健康だろうが、人はいずれ死ぬのだ。それ早いか遅いかの違いでしかない。どう死にたいかは本人次第であって、他人がどうこという問題でもない。

というところから、俺がタバコのなにが嫌かって、その匂いと煙なんだよね。

健康云々の未来のことよりも、今直面してる問題こそが重要。

タバコを吸わない、慣れていない人からすれば、通常ありえない状態になる匂いと煙が不愉快なんだよ。

逆に言えば、匂いと煙さえなんとかできるのであれば、タバコを吸ってもいいと俺は思ってる。

嫌煙家に配慮して近くで吸わなくとも、服には匂いが付くので、吸い終えて近くに戻ってきた時点で匂いがあるからアウトになる。

本気で配慮するならば吸うたびに服を着替えるとかして欲しいところだが、そんな気はさらさら無いだろう。

だからこそ、多少なりとも公共の場では紙巻きタバコよりも匂いや煙の少ないタバコを吸った方が合理的だと思うのだけど。紙巻きタバコは家で好きなだけ吸えばいいし。

俺自身はタバコ吸えなくは無いけれど、匂いがつくのが嫌だったし、なにより喫煙の習慣がつかなかったので挫折したんだけど、電子タバコはガジェットとしてもちょっと試したい気もある。年内にどれか使ってみたいなぁと検討中。