読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

PSVR感想 その2

徒然 Hardware Game

VR姫路城は、城か歴史が好きなら500円という安さもあって充分に元が取れる。

Rez infiniteは体験版で1面のみプレイしたけれど、これは良い! PS2版持ってるしクリアした事もあるけれど、VR対応で別感覚になってる。

シン・ゴジラは超短いものの、無料なのでこれはこれで。

PSVRそのものについては、やはり解像度が低いのが弱点かなという印象はある。単体での印象なので他社製品と比せない、ただの感想なのが残念。比較できれば実感に変わるんだけれど。

ただ、PS4が2年半以上前のコンシューマゲーム機であるので本体性能と、PSVR自体の価格が5万円未満と他社製品より格安なのを考えればまぁこれも一つのカタチとしては有りだろう。

逆にPS4 proで解像度は変わらずとも性能向上によるグラフィックスのリッチ化や高フレームレート化による効果がどれほど出るか、に期待。

それと、当然だがPSVRのイヤホン出力はオマケなので、それなりにアンプと呼ばれるアンプを持っているのならばそちらから出力した方が音質は良い。