読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

いくら生活維持のためとはいえ、

やる理由がわからない、

やる必要性がわからない、

やる意義がわからない、

求めているのは客先会社であって、末端のユーザーが求めているわけではない仕事って、極論を言えば不要なのでは…。

少なくとも、自分が寿命を削ってまでやるべき事なのか…?