Morning, Noon & Night

随筆みたいなもの。言えない事もあるけれど、出来うる限り人生オープンで生きていたい。2016年7月下旬からホームオーディオ始めました。

派遣とは

結局、足りない人数を補填しているに過ぎず、仕事そのものは面白くもなんともないし、慣れればたいていの人にできる内容でもある。

そこに人の成長なんてものはまず無いし、誰でもできる仕事だからこそ報酬も低い。

また、人月でしか人を測れないのも問題でな。

1人月100万円を5人集めれば500万円だが、きちんと育てて個々の能力を上げ150万にしても750万にしかならず、だったら最初から10人揃えりゃ1000万円だ、とも言える。

一人当たりの単価が増えれば個々への報酬としての還元率も増えるだろう(そうであって欲しい)から、離職率は減るのではないかと単純に思うのだけれど、世の会社はその辺をどう考えてるのかね。一番最初にお金を出すところと、無駄な中抜きが無ければもう少し世の中はよくなる可能性があるのでは。

若い奴が、労働内容に見合った収入を得られる社会を上の世代が作らないといかんよね…。