読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

辻褄合わせに必死

そろばんはじくのは良いのだけれど、数字の辻褄を合わせる事に必死な人ばかりで、仕事の内容や重要性を考慮しないものだから、きちんと対価を払おうという気がそもそも無い人達ばかりで辟易ですわ…。

今月の売り上げの数字ばかり気にして、現状維持に手一杯。先の事を何にも考えちゃいない。それなりの規模の会社だから、それはそれで当然なんだけど、だからって、末端の人員がなんも考えていないのは会社としてどうなのかとも思ってしまうんだよな。俺の価値観では。