読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

苦痛な事

残業等で1時間や2時間ほど仕事していくのは、まぁ状況によりけりで仕方ないと思っているけれど、朝の出勤時間を早くしてくれと言われるのは、それが5分や10分程度でも、俺にとってはかなりの苦痛。可能な限り拒否したい。

朝、起きる事こそが俺にとって毎日の難題なのだから。