読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

時々イラっとすること

 共用の備品を定番の場所に置いてない事がまれにある。

 例えば用紙に穴空けるパンチャーがあり、それは俺の机の隅に置いてるわけで。

 で、時々使う人が持って行くのだが、戻さないことも少なからずあるわけでな。

 そうなるといざ使おうとした時に無いわけよ。

 共用の物なのだから使ったら戻す、を徹底しないと無くなっても文句言えないよなぁと思うんだが。

 しかしこういう事はいちいち説明しないと理解できないものなんだろうか。

 あんまり度を越すようなら自費で自分用の物を買った方がストレスは少なくなると思ったり。