読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

何かを変えるしかない

 自分の中の水準に、今現在の自分では達していないのはどう見ても明らかなので、そうなると何かを変えるしかない。 

 衣食住の維持と趣味、自己研鑽を行うには年収200万円未満では足りない。専門書なんて1冊数千円はするしな。

 今の状態で出来る事をやるのは当たり前だけれど、現状維持に精一杯で残りの将来の人生を削る生き方では、どこに希望が見出せるのか。

 どう考えても、現状維持ではゆるやかに死を迎えるだけに過ぎない。

 年齢を重ねた時に今よりも稼いでる保証なんてどこにもないし。

 

 そうなると、もっと試行錯誤できる状態を作り、自分自身にとって最適な働き方、収入を得る方法を早い段階で探るべきではないか。とも思うわけで。