読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

桐島、部活やめるってよ

 青春映画ですなぁ。
 桐島という人物が部活をやめるという話になり、周辺の人物の日常が変化する、という内容なのだが、こと話題の桐島が全編に渡って出現しない。
 話題の中心人物なのに全く登場しないというあたり、ドーナツのような真ん中に穴が空いた様な感じがしなくもないけれど、いてもいなくても彼らの時間は流れていくわけで、そこに物語性が生まれるんだろう。
 悪くはなかった。