読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

XBOX360版「シュタインズ・ゲート」

 全EDは見終えた。実績コンプリートはやらないかな‥多分。
 それなりに面白いのは確か。でもやはり真のED以外は大体がとってつけたようなEDだったのがちと残念だ。


 個人的には通称「閃光の指圧師」が好みだった。取っ組み合うシーンで一人大興奮。思わず「うひょー」と発言してしまったり。
 紙芝居ゲームを面白くさせるにはこうも複雑なルート分岐が必要かと思うと、整合性の調整こそがこの手のゲームの本質かもしれない。
 個人的にはエロゲも含めて紙芝居ゲームはボタンを押すだけの行為に少なからずうんざりしてきたので、なんとか次の面白さのステージへいく要素が欲しいんだけどね。難しい。