読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

NHKでゲーム特集

 いやぁ、ひどかったね。
 北米ではFPS(いわゆる戦争モノ)と謎のパズルゲーム、かたや日本はというと「二ノ国」と水口さんの「child of eden」を取り上げる。
 そして最後に、わけわからん脳波研究がゲームにやってくると来たもんだ。


 どれもこれも比較にならんがな。
 開発体制にしたって、効率重視のゲームエンジン中心開発や、昔ながらの日本的職人作業をわざわざ対比させる必要は無い。どちらの要素も必要なんだから。
 ゲームエンジンの描画する画像が、理屈の上では正しくても感覚的に正しいとは限らないシーンも存在するわけで、そういう時はやはり手作業での調整は入るもんだ。
 世界的に売れるゲームはもはや国境の垣根が無くなってきてるんだし、あえて日本と世界という構図を作らなくたっていいじゃないか。
 そもそも「二ノ国」って世界市場狙って作ってたのか…という。


 脳波のゲーム利用にしたって、まだここ数年じゃ実用にはならんと思うけどなぁ…個人的に。
 水口さんの新作は印象としてRezの進化版以外の何物にも見えなかったけれど、プレイしてみると違うと感じるんだろうか。