読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

もう宗教戦争はよそうよ…

Game Hardware

 なんだろうなぁ…。
 マルチプラットフォームのゲームが出ると、比較される。ここまではまだ良いとしよう。
 比較される以上、優劣が出てしまうのもまぁ仕方ない。
 だからといって○○は低性能のゴミ。○○は高性能だぜヒャッハー。てのはどうかと。
 そんな発言するのはほぼ間違い無く、結果に対してコメントを書き込むコトしかできない人たちであって、比較してる人ではないんだけどね…。
 ティアリングが出るのはxbox360が欠陥だから。とか、PS3向けにチューニングすればもっと良くなる。なんてコメントも見受けられる。
 その発言自体は必ずしも間違いではないけれど、じゃあ正しいかというとちょっと首を傾げたくもなるわけで。
 どうも机上の空論ばかりで具体的な話が無い(ソースが見えないので当たり前っちゃ当たり前だが)。その時点で、両方の機種で実際にプログラミングした経験のある人がどれだけ少ないかがよくわかる。


 ま、何が言いたいかというと、PS3は登場して4年、xbox360は5年近く経つわけで、公称スペックだけを頼りに優劣を語るのはもういいんじゃないかと…。
 フェラーリとポルシェどちらが速いか、というのと変わらん。


 マルチプラットフォームにしている時点で、大きな差違がでないような作りを心がけてるんだから、それでいいじゃない。
 比較して優劣をハッキリさせて、優れた方を買う。間違ってはいない。でも、劣っている、さらには買わないものに対して文句をつけるのは正しくないよなぁ。某ゲームのように、明らかに手抜きと受け取れるものは問題だけどさ、それなりのクオリティは維持してるものに対してはちょっと。
 世間一般で低く見られがちなゲームでこれなんだから、どれだけ人の心に余裕がない時代なのかと考えさせられる…。
 コテハンすらつけない人たちなので、まともに議論もできない。一方的に自分の言いたい事を言ったらスッキリするんでしょうなぁ。