読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

石元泰博写真展に行って来た

Art Camera

 今、水戸芸術館石元泰博氏の写真展が行われているので行って来た。
 チケットは水戸芸術館からの招待券。8月に行われたマンガ展でアンケートに答えたやつの抽選に当たったようで、チケットが送られてきたのだ。


 さすがに半世紀近く前の写真は雰囲気がある。
 そして多重露光写真はフィルムならではの味だし、この分野に関してはデジカメではまだまだだなぁと。さすがに数十回以上多重露光できるデジカメは聞いたことが無い。


 大判カメラで撮影された写真をまともに見るのは初めてだったのだけれど、8x10in判て凄いと思った。解像感が半端ない。フィルムでもこんだけキレイな写真が撮れるのかという意味でとても驚いた。フィルムサイズが大きいだけに、カメラの取り回しは大変そうだが。
 逆に考えると、デジカメの進歩もまた凄いわけで。


 久々に写真について色々と考えさせられた。