読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

「将棋の子」大崎善生

 青春の全てを賭けてプロを目指したが、プロになれずに去っていった者達の話。
 全編を通して切ない気持ちになる。
 これは良い本だ。