Morning, Noon & Night

随筆みたいなもの。言えない事もあるけれど、出来うる限り人生オープンで生きていたい。

Movie

映画「のんのんびより ばけーしょん」観てきた(8月25日)

茨城では土浦でしか上映しなかったので、わざわざ土浦まで行って観てきた。お袋と一緒に。うちのお袋も「のんのんびより」好きなので。 笑いあり涙あり。「のんのんびより」が好きなら観ておいていいんじゃないかなと。

映画「禁じられた遊び」

DVDにて視聴。 我が家に、世界名作映画50みたいなセット物のDVDがあり、そのうちの1作。ふと一覧を目にしたら気になる作品がけっこう並んでいたので「禁じられた遊び」をチョイス。 こういうセットものは買うまでが良くて、たいていの人は全作品をチェックし…

映画「未来のミライ」

本来、今日観に行く予定ではなかったのだが、行く機会が出来たので行ってきた。 内容的には安定の細田守監督作品。これまでの監督作品が好きならば全く問題無し。とにかく全編に渡って優しさを感じる作り。細田監督作品の特徴は「サマーウォーズ」「おおかみ…

映画「羊と鋼の森」

面白かった。 ピアノが好きだったり、ピアノという楽器が好きだったり、音が好きだったりしたらオススメしたい。

「バケモノの子」blu-ray版

廉価版発売という事で購入。 細田監督作品は普通に好きなんだよね。

「家族はつらいよ」

帰宅したらお袋が見ていたので途中から見た。 2作目の時も思ったが、現代に生きるステレオタイプな昭和の家族、みたいなテイストは予想通り1作目からあったようで。 文句言いながらも仲良い家族、亭主関白、(熟年)離婚は良くない、世間体が気になる。 どれも…

UHD BD版「INNOCENCE」「GHOST IN THE SHELL」

UHD版が出ただけで文句は無い。4kやHDRはもちろんだが、色域が拡大し、なによりビットレートが高い事がとても良い。「イノセンス」の方を確認した限りでは、一瞬とはいえ125Mbps超えたシーンがあった。 HD解像度(Full HDではない)で視聴しているが恐ろしく綺…

「家族はつらいよ2」

1作目は未見。 ところどころに笑いのポイントがあるのは良いが、俺にとってこの映画のなにが嫌かって、頑固じじいと家父長制を描いてるところか。それがもうイラついてイラついて。 唯一の救いは女の子が自分の欲しいピアノを見つけたシーン。自分にとって良…

映画「そして父になる」

是枝監督の最新作「万引き家族」がカンヌ映画祭でパルムドールを受賞という事で、最近の作品から見ていなかった「そして父になる」をNetflixにて視聴。 キャスト陣の演技は雰囲気がある。特にリリー・フランキーと真木よう子を個人的に推したい。 内容が内容…

映画「マネーショート」

Netflixにて。 すげえ映画だった。見ていてゾワゾワ・ゾクゾクした…。 遠くないうちにサブプライム住宅ローンが破綻する事に気づいたからこそ、破綻するほうに賭けたわけだけれど、それはつまり数百万人の不幸な人が発生する事でもある。 読みが当たって勝利…

映画「情熱のピアニズム」

Netflixにて。 フランスのジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニについてのドキュメンタリー。 生まれた時点で全身骨折、先天的な骨形成不全症のため身長は約1mで止まり、骨が折れやすいため自力で歩行もできない。 デューク・エリントンの影響でピア…

映画「坂道のアポロン」

4月12日に観てきた。 仮に、この作品に音楽的要素が無かったとしたら観ていなかっただろうという事は言える。 アニメ版は過去に一周観ていたけれど、細かいところは失念していた。が、概ね似たような感じで進行していく。「あー、そんなシーンあったなぁ」と…

映画「リメンバー・ミー」感想

いやはや、予告を見てピンと来ていたけれど、いざ観てみたら自分の予想以上の内容で素晴らしかった。 俺にとっての良作間違いなし。映像は安定のPIXAR、音楽もシナリオも良く、特にシナリオ。毎度シナリオの良い映画を観る度に、人気俳優の使い回しと大して…

ガルパン最終章 第1話

結局、購入したのであった。 価格に文句言いながらも、最後まで付いていくよ。

映画「機動戦士ガンダムF91」

Netflixにて。久々に観たが、変わらず良い。 比較的わかりやすい富野作品としてF91は筆頭とも言える。 なにより森口博子の主題歌「ETERNAL WIND」が素晴らしく、かつ「君を見つめて」も俺は好きだ。 家族の問題や、機械によって大量の人間を殺すという事の合…

ガルパン最終章 第1話 Blu-ray特装限定版 特典紹介映像

www.youtube.com バンダイビジュアルのblu-ray通常版が無い商法に不満たらたらの俺ではあるが、特典映像179分というのが付いてくるという事でそれだけ入っているのならば仕方ないかという気がしなくもない。本編より見るかと言えばどこまでいっても疑問では…

OPPO UDP-205

「持ってく?」と言われたのでつい「あ、はい」と答えて持ち帰ってしまった。 設置。 オーディオ出力はバランスケーブルを使用。人生初のバランスケーブル。 音聴いてビックリ。PD-70とアンバランスケーブルも悪くないと思っていたが、軽くその上をいく。 HD…

「ガールズ&パンツァー最終章」第一話 感想

14日に観てきた。 濃密な46分だった。特に、桃ちゃん好きとしてはなお良かった。単に俺が生徒会メンバー好きというのもあるが。 引き合いに出すのもどうかという気も少なからずあるが、STAR WARS EPISODE 8が結構好きだった俺としても、EPISODE 8を1回見るの…

STAR WARS EPISODE8観た

観た。 世評の事などとりあえず置いておいて、まず観ろと。 周りよりも自分の目で見て、自分の頭で考えて、自分で感じる。これ大事。 俺は好きだぜ。

映画「楽園追放」(2014年)

Amazonプライムビデオにて。 前回観た時はTSUTAYAでのレンタルだったかな。今回Amazonプライムビデオで配信してるのを知り、再度鑑賞。 個人的には好きな作品。ストーリーは良い、映像も良い、音楽も良い、出演声優陣も良い。個々の点で見ても良いし、全体と…

映画「僕のワンダフル・ライフ」(2017年)

映画館にて。 余り関心は無かったものの、今年飼っていた犬が亡くなった伊集院光が褒めていたので見に行くことに。 犬が好きな人ならば見ておけと言える映画だった。俺はどちらかと言えば猫派であるが、だからといって犬の否定派ではないので特に抵抗も無く…

劇場版アニメ「planetarian 〜星の人〜」と、衝動的にプラネタリウムへ行ってきた話

Netflixにて視聴。 Web配信版である「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」を先に見るか、当作品だけ見たほうが良い。内容的にはWeb配信版をベースにボリュームを追加して再構成した物なので、当作を見てから配信版を見ると駆け足気味の内容かつ物足りなさ…

映画「NAT KING COLE AFRAID OF THE DARK」(2014年)

Netflixにて。 ジャズの巨人の一人である、ナット・キング・コールについて語られるドキュメンタリー映画。 どんなジャンルでもそうだが、最初の開拓者であるがゆえの辛さは、そうでない者には想像する事しかできない。 事実上の黒人差別が残っている時代に…

実写映画「宇宙兄弟」(2012年)

Netflixにて。原作漫画未読。 内容は今時の国内がメインターゲットとして作られている邦画だよね、という感じでそれ以上でも以下でもない。 宇宙に行くのが目的であって、宇宙で何をするかは特に決めて無い。という潔さが素晴らしい。まずとにかく行くのだ、…

映画「この世界の片隅に」(2016年) blu-ray到着

祝、発売。 色々悩んだのだが、結局はblu-ray通常版を購入。特典映像は観たいっちゃ観たいが、何度も観るかというと難しいところなんだよな…というのがあるので、通常版。音声はDolby True HDの5.1chを採用している。 興収10億超えたら長尺版を作るという話…

映画「ベイビー・ドライバー」(2017年)

映画館近くへ立ち寄ったので、勢いで見てきた。 この映画を知ったのは先週末だったので、俺の中では超早い。予告編を見て、これは観なくてはならないと思った矢先。 本来の用事がすぐ済んで、小一時間しないうちに上映するスケジュールだったので観た。多分…

映画「東京無国籍少女」(2015年)

Netflixにて。 尊敬、というよりも敬愛すると言った方がいいのか、大好きな押井守監督の作品。 特に説明もなく始まり、静かに物語が進んで行くので、どこへ向かうのかと思っていたのだが(そもそもの前提として押井映画は100人中95人が理解できるような大衆向…

映画「劇場版 "文学少女"」(2010年)

blu-ray版にて。 公開当時、20代半ばの俺は劇場で観て泣いた記憶が蘇る。 機会が巡り、約7年ぶりに再び観たけれど、作品全体の印象はあまり変わらず「良い作品、好きな作品」だなと。 正直、未だに原作は未読である。完結しているのだから読むべきではあるの…

久々にDVD版の映画を

基本的に今はblu-ray基準で円盤を買ってるのだが、いつまで待っても出ない作品も沢山あるわけで。そうなるとDVD版を買うしか選択肢は無い。 クリント・イーストウッド監督作品「バード」 ベルトラン・タヴェルニエ監督作品「ラウンドミッドナイト」 アンソニ…

今日もCDを買ってしまった…

「一応の水準で鳴っているなら、装置に金をかけるよりレコードを1枚でも多く買いたまえ、名曲を聴きたまえ。さんざん装置に金をかけた私が自分の愚かさを痛感して、これを言う。」五味康祐 今日は、まめぐのCDだけを目当てで行ったのに、気づけばまた買って…