読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masaru URUWASHIのMorning, Noon & Night

言えない事もあるけれど、基本的に人生オープンで生きてみたい

邦画「ラヂオの時間」

1997年公開。
登場人物の大半が保守的でその場しのぎの対応をしていく様が後半まで続いて、終始イライラしっ放しだった。

作品そのものより、劇中のプロジェクトにおいて強力なまとめ役、リーダー格がおらず問題をたらい回し続ける日本人的立ち回りが、いら立ちの原因だろうなぁ…。今の俺にとってそれはとても受け入れ難い話だ。

三谷幸喜作品て、合わない時は合わないよなぁと改めて感じる。

2011年の「ステキな金縛り」や、2015年の「ギャラクシー街道」はシュールさが逆に好きだったけれど。

邦画「ハッピーフライト」

2008年公開。

きちんと見るのは初めてかも。

飛行中に異常発生でUターンするだけという地味な物語を飽きさせないのは脚本の妙というべきか。

裏方スタッフ達の働きぶりを描いているのも良い。

エンディングクレジットでジャズを流してるのは個人的に好き。

矢口監督作品は「スウィングガールズ」「ロボジー」なんか観たけれど、派手さはないが人間模様とか良い感じの脚本を書く人だなという印象を持ってる。

勘弁して欲しい

メールで済む内容の話を、わざわざ相手の時間を直接奪う手法である電話してくる人は何を考えてるのかな…と。

相手としては直接言うべき内容かもしれんが、だったら内容を念のため後ほどメールでも再送すべきだと思うんだけど。

電話「のみ」では通話内容のエビデンスが残らないから、「言った・言ってない・忘れた」があるというのが理解できてないんだろうなぁ。

電話なんてベルが特許取得して軽く100年以上だし、電子メールだって使われ始めて半世紀以上経過してるのだから、別に新しくもなんでもないじゃないか。使うなというわけじゃないけれど、もっと色々便利なツールがあるのだから積極的に活用しようよ。と言いたい。

悪く言えば古臭いんだよね。

信頼関係とは

会社間で信頼関係が出来ているのと、社員・従業員個人として相手会社を信用・信頼できるかどうかは当然別だ。

向こうは契約前にこちらの経歴諸々を調べたりするが、こちらには相手会社の情報などいくら待っても来ない。情報を出さない相手を信用するなんてどうかしている。平和ボケで頭がおかしいのだろう。

会社としての歴史や知名度など個人には関係ない。あくまでこちらから見て信用できるか否かだ。

特に中小企業なんかは上場企業ではないので有価証券報告書の義務は無い。小さい会社が律儀に決算公告してるところも基本無い。そういう意味では会社の経営がどこまで健全かは怪しい。真実を知るのは一握りの者だろう。

だいたい秘密というのは「知る必要が無い」か「知られてはまずい」かのどちらかだ。性善説の狂信的な信者でなければ、だいたい後者の印象を持ってるはずだ。陰謀論はそういうところから出てる。

というわけで、帝国データバンク様様なのであり、お世話になってます。

会社と従業員・社員の関係

結果が全てでは無いけれど、物事を外から把握するには結果しか無い。外からでは過程は見えない。

会社にとって労働者は労働者でしかないのか。

単に仕事を割り振ってやれば終わりなんだろうか。

労働者に対して会社は適切なサポートをしてくれてるのか。

適切なサポートとはなにか。

新しい出向先が決まっても、通勤するための諸々の契約等を当人に丸投げするのはどこまで適切か。プライベートな時間を消費させても、それに対するコストは貰えない。それは適切か。

技術者が技術の勉強でカンファレンス等に行く事もままならない。それは適切か。

仮に劣悪な労働環境だったとしても、いち雇われ会社から契約会社経由で出向先会社へクレームを挙げたところできちんと改善されるのか。そもそもそんな回りくどい伝言ゲームで相手まで届くのか。

労働者も会社も、美辞麗句をどんなに並べても、結果が全てという事で、互いにめんどくさい事に相違は無い。分業が進みすぎて、歩み寄って話をする場も機会も時間も無さすぎる。

基準の問題

複数人以上いて似たような事をやっていれば、当然程度違いや優劣の差のようなのは出てくる。

その時に基準をどこに引くか。

下に引けば上の優秀な連中はもどかしさで不満を持つし、上に引いたら下のボンクラ連中が付いて来れない。真ん中に引けば上下の端にいる連中が消えて凡庸なのが残る。

会社は会社として、どこに線を引くかを表明しなければ、煮え切らない姿勢そのものに対して不満が溜まるわけでな。

選択権は無い

いくつかの会社で最悪な印象だったところでの仕事をさせられそうな流れなのでモチベーションとしては最悪に近い…。

ま、複数の会社を回った後で個人的にどの案件を希望するかという相談も来なかった時点で嫌な予感はしてた。

会社という組織に属する以上は選択権は無く、あるのは抵抗の意思表示として退職する事くらいだな。

マストドン

面白い。今のtwitterよりずっと良いね。

一気にブームが来たから、今はアーリーアダプターしかおらず平均レベルが高くて余計に楽しい。

臨時福祉給付金

ひたちなか市役所から臨時福祉給付金の申請書類が来た。

f:id:MasaruUruwashi:20170420181841j:image

要するに「君は貧乏(低所得)で臨時福祉給付金の対象者だから、申請したら少しお金を返してあげるよ」と言う事。

ありがたいと言えばありがたいし、改めて自分は低所得者なのだという事を再認識させられるとも言える。

名誉毀損についてのメモ

http://toyokeizai.net/articles/-/168111?page=2

名誉毀損が成立するケースとは

では、どのような書き込みが名誉毀損として違法と評価されるのでしょうか。最高裁判例から引いてみましょう。

まず名誉とは、「人の品性、徳行、名声、信用等の人格的価値について社会から受ける客観的な社会的評価」のことであり、この社会的評価を低下させる行為が民法709条に基づいて名誉を毀損させる不法行為を成立させ、損害賠償の対象ともなります。

ただし、社会的評価を低下させる行為であっても

ア) 当該情報が公共の利害に関する事実であること
イ) 当該情報の掲載が、個人攻撃の目的などではなく公益を図る目的に出たものであること
ウ) 当該情報が真実であるか、または発信者が真実と信じるに足りる相当の理由があること

の3つの要件をすべて満たした場合には、行為の違法性がないと評価され名誉毀損が成立しません。

さらに、社会的評価を低下させる事実を述べた場合ではなく、ある事実を基礎として意見ないし論評を表明したという場合も上記ア)~ウ)の要件を満たしていれば、表現が人身攻撃に及ぶなど論評としての域を逸脱したものでないかぎり名誉毀損としての違法性はないとされるのです。

通常、企業に対する口コミやレビューは、多くの人の利害に関することですからア)の要件を満たしますし、純粋にその企業を攻撃する目的でないかぎりはほかの人に役立つ情報になりますのでイ)の要件も満たすことになります。